創意を生むには、時には効率を犠牲にしなくてはなりません

>

ビジネスマンとして基本を忘れない

上司との関係にストレスを感じたら

ビジネスマンが、業務効率・モチベーションが落ちる場面として、上司との関係があげられます。
まして上司が自分の部署の経験者でない場合、スタッフのストレスは溜まりがちになります。
説明しても理解しない、同じことを何度も聞いてくる、言っていることがコロコロ変わる、門外漢であることを楯に開き直る・分かるように説明しない・報連相がないことで怒る、ビジネスマンなら何度も経験したかと思います。
この場合、メモを取りながら素直に意見を聞く、時間をおいて相手の言い分を考える、叱責の場合一度謝り感謝をし相手にも一呼吸を置かせる、身近な第三者にアドバイスを受ける、自分を追い込むことをせず気分転換をするなどが必要です。
あまりにも理不尽に怒られている場合や罵られていると感じた場合は、別問題になります。心が病む前に自身を守る行動を取らなければなりません。

当たり前のことを地道に

効率をビジネスマンとして長期的な信用を得るという意味から考えてみましょう。
考えられることとして、時間・約束をキチンと守る、マナー・態度に気をつけやる気を見せる、表情に注意し明るい挨拶に心がける、上司・同僚・クライアントに報連相を欠かさない、ミスを隠さず早めに報告をする、同じミスは繰り返さない、マメにメモをとる、叱咤されたときには何らかの解決策を提案するなどがあげられます。
これらはどの時代のビジネスマンも当たり前のこととして心がけることです。ビジネスの世界では特に目新しいことはありません。
いわゆるビジネスの世界で会社の売上を作るクリエイティブ・営業の部門は、いつの時代でも必要とされ、企業内で合理化されることはあまりありません。そしてヒジネスマンは、単に短時間で作業をこなすことや目先の効率だけを求めることは避けるようにしたいものです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る