創意を生むには、時には効率を犠牲にしなくてはなりません

>

数値目標を背負うということ

営業担当者が心がけていること

効率をはかどり具合に着目して、営業担当者の仕事について考えてみましょう。
心がけることとして、目的意識、準備・計画80%、素早い対応・柔軟性などが上げられます。勿論、情報のアンテナを広げる、明るい表情を心がける、何より自分を大切にすることも必要です。
業務効率のために心がけることとして、空いている時間に机の引き出しをはじめとして自分の身の回りを整理を心がける、パソコンも定期的にファイルを整理し削除・保存を行う、そして自身の業務行動・注目点を日々コツコツと記録しておくなどが上げられます。
そして連絡可能な時間などクライアントにも協力をお願いしましょう。
自身の直感力を駆使して自身とクライアントとの評価を探り当てる、他人との共有に拘らないマニュアルを常にアップデートをし続けましょう。
なかなか目に見える成果を見いだすのは難しいのですが、明るい表情で自身を大切にして日々の業務を行ってほしい物です。

店長さん、頑張って

小売店・飲食店の店舗管理者つまり店長も名ばかり管理職の典型例といわれるように、効率化の難しい業種です。
業務として店舗など自分の担当部署の管理、パートなどのスタッフの管理、売上・在庫などの数値の管理など、一生懸命やればやるほど時間が足りなくなります。
効率としてはとても特効薬にはなりませんが自身の業務をスムーズに行うために、自分なりの一貫したルールを持つ、スタッフである部下から学ぶようにする、理想の店舗像を持つ、スタッフに会わせた教育や指導を行うなどがあげられます。
スタッフに媚びることはいけませんが、スタッフの意見には耳を傾けましょう。現場の状況、顧客のニーズなどは上司に相談することも必要ですが、スタッフの方が詳しいものです。そしてスタッフには基礎的な共通ルールの以外は、一律に同じ教育・指導を行うことは必要ありません。
スタッフを上手に管理して自身の負担を減らして行きましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る