ビジネスマン必見!効率よく仕事をこなす人がやっている習慣とは

創意を生むには、時には効率を犠牲にしなくてはなりません

効率化は業務部署の縮小化

そもそも効率とは何でしょうか?辞書などを引くと、仕事のはかどり具合とか、使った労力と得られた結果の割合と説明されています。
よく言われている仕事の効率を上げる習慣として、朝一番のスケジュール化と重いタスクの優先的な消化、時間を区切り方・力のいれ具合を考え優先順位をつける、業務に役立つツールの利用をするなどが言われています。
しかしここで言われている効率は、作業量や作業内容が割と固定されている業務に従事する人に、主に当てはまる目指すべき習慣ではないでしょうか?
与えられた業務によっては、自分の都合だけで仕事は進められません。営業系や管理監督者は、常にクライアントの要望やスタッフの動きに合わせて業務をこなさなければなりません。クライアントからの連絡が入れば、それに応じて優先順位やスケジュールはすぐに変更になります。スタッフからの報告や相談があれば、それに応じて自身の業務内容は変更になります。
企画系・クリエイティブ系の担当者は、スケジュール通り独自のアイディアを思い浮かべたり、それを具体化できるものなら何も苦労などしません。アイディアはふとした拍子に生まれたり、アイディアを具体化するために何度もやり直しを続けます。それこそ作業のマニュアル化などが困難な業務でもあります。
長時間労働の多い職場としてよく取り上げられるのが、トラックなどの運転手です。それこそその日の配送量や道路状況、引取先・納入先の入出庫の受付具合によって、時間の変更・長期待機を余儀なくされます。
マニュアル的に効率よく仕事をこなせる業務に就いている人ばかりでないことを、決して忘れてはいけません。
働き方改革の一つの目的も、マニュアル化できない業務の労働条件改善が、一つの目的になっています。

TOPへ戻る